入浴剤の効果を知って、最高のバスタイムを♪

お風呂冬に近づいて寒くなってくると、お風呂に入るのが楽しみになってきますよね。
特に疲れている日なんかは、湯船に浸かるととっても気持ちが良くなります。
そこで、さらに疲労回復するために入浴剤を入れることをおすすめします。

入浴剤が疲れに効く理由って?

入浴お風呂に入るだけでも「体が温まって血液循環が良くなる」「気持ち良さでストレスの軽減」など、疲労回復の効果があります。

 

そこに入浴剤を入れて入ることで、さらに
肩こり解消、冷え性改善、むくみ解消、保湿などの効果があります。
では、なぜこんなに効果があるのでしょうか?

 

その秘密は入浴剤に配合されている成分です。
体を芯から温めるためのショウガエキスなどの生薬成分血行促進に効く炭酸ガスやソルトお肌ケアに不可欠なホホバオイルといった保湿成分など。
まさに美容と健康に良い成分がたっぷりなのです。

香りや色、泡も疲れを取ってくれる

お風呂リラックスしたいときにはラベンダーの香りに紫色のお湯、気分が高揚しているときには柑橘系の香りに黄色のお湯など、アロマセラピーやカラーセラピーなどの観点からも癒しの効果があります。

 

入浴剤に入っている成分、そして香や色などが相乗効果を発揮して、疲労回復にうってつけというわけですね。

こんな疲れにはこの入浴剤!
疲労の種類から見るおすすめの入浴剤

ドラッグストアなどの入浴剤売り場を見ながら「どんな疲労を抱えていたら、どんな入浴剤が良いのかな?」と疑問に思う人も多いでしょう。
疲労回復のための成分もそれぞれ違います。
疲労別におすすめの入浴剤をご紹介します。

 

みんなの肌潤風呂

肩こり、冷え性改善なら
「みんなの肌潤風呂」

 

この入浴剤は炭酸ガスで血行を良くし、身体中のこりをほぐしてくれますし、体温が上がって冷え性も改善できます。

 

しかもすべての成分が自然由来で、肌への負担が少ないのも良いですね。

⇒ みんなの肌潤風呂 体験レビュー

 

生薬のめぐり湯

神経痛やリウマチでお悩み中なら
「生薬のめぐり湯」

 

神経痛やリウマチの緩和には、保温が大切!
そのため、湯冷めしにくい生薬エキス配合の入浴剤「生薬のめぐり湯」が最適です。

 

温泉風でありながら硫黄が入っていないので、お風呂場を痛めることもありません。

⇒ 生薬のめぐり湯で神経痛を緩和

 

メディテーションバスα

お肌ケアを重視するなら
「メディテーションバスα(アユーラ)」

 

この入浴剤は保湿に力を入れていて、お風呂に入っているときも上がったあとでもお肌がしっとりとしています。

 

しかも4種類のハーブを調合した香りはリラックス効果を最大限に引き出してくれて、女性にも嬉しいですね。

⇒ メディテーションバスα使ってみた

 

バスクリン日本の名湯

温泉気分を味わいたいなら
「バスクリン 日本の名湯 源泉の愉しみ」

 

この入浴剤は開発者が実際に各地の温泉を巡り、肌で感じた温泉を忠実に再現したものです。

 

10種類のセットで入っているので、その日の気分で選ぶ楽しさもありますね♪

 

お風呂に入る理由は、疲労回復(肉体的な疲れを回復)をしたいから、リラックス(精神的な疲れを回復)したいからとさまざまです。

 

自分がどういう目的でお風呂に入るのかを明確にして、目的にあった入浴剤を選んでください。

【タイプ別】おすすめ入浴剤