気持ちを落ち着かせたい時におすすめ!いい香りの入浴剤TOP9

心が疲れているこんな時は、
いい香りの入浴剤でリラックス

ストレス解消効果のあるアロマ配合入浴剤をランキング形式で紹介していきます。

 

ローズの香りは「ブルガリアンローズ」と呼ばれる最高級のバラから抽出した精油を配合して作られています。

これだけ濃厚で奥深いバラの香りの入浴剤は他に無いでしょう。

 

カサブランカは、希少価値の高いユリ科植物「ナルシス」から抽出した精油が使われているため、控えめだけど上品な香りがストレスの緩和に◎
また、香りの持続効果が長いのもポーラの入浴剤のポイントです。

ポーラ オードフルール フレグランス バスエッセンス基本情報

香り ブルガリアンローズ(バラ系)
カサブランカ(ユリ系)
どんな時に
おすすめ?
  • エレガントな気分になりたい(ローズ)
  • ふんわりと包み込まれたい時(カサブランカ)
価格 2,160円 (送料込)
内容量 400mL (20回分)
1回あたり 108円 【コスパ◎】

 

アユーラ メディテーションバスαアユーラの入浴剤「メディテーションバスα」は、ローズウッド・ラベンダー・ローズマリー・カモミールなどのアロマを何度も調合し、試行錯誤の末にたどり着いたアユーラ独自の香りです。

お風呂に入れるとハーブ系の香りがふわっと広がり、リラックス効果を高めてくれます。

 

特にラベンダーやカモミールには安眠効果があり、なかなか寝付けない時にオススメ。
生薬エキスも配合されているので、優しい香りがいい人はメディテーションバスαを選んでおけば間違いありません。
⇒ メディテーションバスαの使用感

 

アユーラ メディテーションバスα基本情報

香り ローズウッド・ラベンダー・ローズマリー・カモミールを調合
どんな時に
おすすめ?
  • 嫌なことを忘れたい
  • 高ぶって眠れない
  • リフレッシュしたい時
価格 1,944円 (送料648円)
内容量 300mL (12回分)
1回あたり 216円

 

みんなの肌潤風呂には、オレンジ・レモン・グレープフルーツなどの柑橘系アロマ配合で、
気持ちをリフレッシュしたい人にぴったり♪

 

さっぱり系の香りだけでなく、保湿効果のある「ホホバオイル」や肌のくすみに効果がある「湯の花(温泉成分)」が入っているのも人気のポイントです。

みんなの肌潤風呂 基本情報

香り 柑橘系
どんな時に
おすすめ?
  • シャキッとしたい時
  • リフレッシュしたい時
価格 2,896円
内容量 600g (一ヶ月分)
1回あたり 93円 【コスパ◎】

 

SABONバスソルト
(ローズ)
ミネラルたっぷりの死海の成分をぎゅっと詰め込んだバスソルトに、ローズのエッセンシャルオイルと可憐な花びらが入った入浴剤です。

バスソルト自体に香りづけされていますが、一緒に入った花びらからもローズの良い匂いが漂ってくるのでリラックス効果は抜群!

SABONバスソルト(ローズ) 基本情報

香り 濃厚なローズ
どんな時に
おすすめ?
大人な気分になりたい時
価格 2,500円
内容量 250g (8回分)
1回あたり 300円

⇒ SABONバスソルトの使用感

 

イルコルポ
ミネラルバスパウダー
鼻に抜けるような感覚の「ユーカリ」と爽やかな「塩」の香りがする入浴剤。

塩の成分が多めに入っているので、揉み込みマッサージで脂肪撃退の効果も期待できます。

 

保湿成分「スクワラン」、美肌成分「パパイン」が配合されているのも嬉しいですね♪

イルコルポ ミネラルバスパウダー 基本情報

香り ユーカリ+海
どんな時に
おすすめ?
海の香りに癒されたい時
価格 1,728円
内容量 お試し6袋 (6回分)
1回あたり 288円

⇒ ミネラルバスパウダー体験レポ

 

バスクリン
アロマスパークリング
アロマバスコレクション
グレープフルーツ・ラベンダー・ジャスミン・ユズ・フォレスト・ローズなど、6種類の香りがセットになっています。
気分に合わせて好きな香りを選べるのはGOOD!

人工的な香料の香りが少し強めではありますが、コスパがかなり良いので香りにそこまでこだわりがない人にはピッタリですね。

バスクリン アロマスパークリング アロマバスコレクション基本情報

香り グレープフルーツ・ラベンダー・ジャスミン・ユズ・フォレスト・ローズ
どんな時に
おすすめ?
  • 色んな香りを試したい
  • リラックス、スッキリしたい
価格 438円 (ヨドバシカメラ参考価格)
内容量 12包 (12回分)
1回あたり 37円 【コスパ◎】

⇒ アロマバスコレクションの使用感

 

バスクリン きき湯
アロマリズム
(リラクシングネロリ)
オレンジフラワーとプチグレインの精油を組み合わせた「フローラルと柑橘が混ざったような爽やかな香り」です。
あまり特徴が強い香りではないですが、クセがなく誰でも使えるのは良いですね。

炭酸のシュワシュワが香りを拡散させてくれるのも人気のポイント。

バスクリン きき湯 アロマリズム(リラクシングネロリ)基本情報

香り オレンジフラワー(柑橘系)
プチグレイン(柑橘+フローラル)
どんな時に
おすすめ?
リフレッシュしたい時
価格 936円 (楽天参考価格)
内容量 360g (12回分)
1回あたり 78円 【コスパ◎】

 

ラッシュ(LUSH)
ブルーミングビューティフル
みつばちBとマカロンバブルバーローズジャムがセットになったプレゼント用に作られた入浴剤です。
みつばちBは「ハチミツ」+「ベルガモット」+「スイートオレンジ」を配合した甘く濃厚な香り。

マカロンバブルバーローズジャムは「バラをさらに甘くした強めの香り」が特徴です。
ラッシュの入浴剤はかなりキツい香りが多いので、ガツン!と匂いに溺れたい時にオススメですね。

ラッシュ(LUSH) ブルーミングビューティフル基本情報

香り ハチミツ,ベルガモット,オレンジ
バラ(甘め)
どんな時に
おすすめ?
  • キツイ香りが欲しい
  • 頭がボーっとしている
価格 1,650円+送料320円
(LUSH公式通販)
内容量 2個 (2回分)
1回あたり 985円

 

クナイプ(kneipp) バスソルト トライアルセット
ローズ・レモン・ラベンダー・ユーカリなど定番の香り+ウィンターグリーンとワコルダーや、ホップとバレリアンといった他ではあまり無い香りが全部で9種類入っています。
香りの持続性はそこまで無いので、残り香を気にする人にはおすすめできます。

クナイプ(kneipp) バスソルト トライアルセット基本情報

香り ローズ・レモン・ラベンダー・ユーカリ・ウィンターグリーン・ワコルダー・ホップ・バレリアン
どんな時に
おすすめ?
  • 色々試したい
  • 保温効果は求めていない
価格 1,458円 (kneipp公式)
内容量 40g×9袋 (9回分)
1回あたり 162円

本物の香りを楽しみたいならアロマオイル入り入浴剤

せっかくゆったりと入浴するのであれば、やはりいい香りのお風呂に入りたいものですよね。
入浴剤を選ぶ時は、より香りを楽しめる物を選ぶのが一番!
アロマオイル入りの入浴剤を使えば、香りをより楽しめますよ♪

香料とアロマの香りの違い

香料とアロマオイルの香りの違いは、材料にあります。

 

アロマオイルの主な材料は、
自然の花や植物から抽出した
「自然の香り」をギュッと閉じ込めた成分になっています。
入っている成分も、実は一般的な香料よりアロマオイルの方が多いんです。

 

一方、香料は基本的に人工的な成分を組み合わせて香りを作っている物が多いのですが、成分のことを考えるとアロマオイルの方がメリットが大きいのは何となくわかると思います。

具体的にアロマオイルの何が良いのか?

アロマオイルは、いい香りがするだけでなく、実は肌に触れることで保湿や血行促進などの効果も見込めます。

 

それならば、香料よりもアロマオイル配合の入浴剤を選ぶに越したことはありませんね。
また、アロマオイルの方が、肌にも刺激が少ない物が多いのも一つの理由です。

良い香りの入浴剤も使い方によってはマイナスに!

いい香りが楽しめる入浴剤も、
あまり入れすぎるとよくない場合があります。
入浴剤は使い方を考えて、気持ちよく使いたいですね。

入れ過ぎは匂いキツくて気分が悪くなる

入浴剤は、入れれば入れる程香りが強くなるものです。
特に香料がしっかり入っている場合は、入れすぎてしまうと匂いがキツくなり過ぎてしまうことが多いのです。

 

あまりに強い匂いは、鼻がマヒしたり気分が悪くなってしまいます。
場合によっては頭痛や吐き気を感じることもあるので、入浴剤は適切な量使うようにしましょう。

 

それに加えて、香料や着色料は肌への刺激にもなってしまいます。
肌が敏感な人は、この点に特に気を付けて起きたいところです。

 

普段香水をつける人は要注意

入浴剤の入れすぎは、実は香水を毎日のようにつけている人などに起きやすいのです。
というのも、同じ香りを長く嗅いでいると、鼻が香りに慣れてしまうのです。

香りに慣れてしまうと、より強く香りを感じられるようにと、香水を多くつけるようになってしまいます。
入浴剤の場合も同じで、香水で鼻が香りに慣れてしまっている場合、最初から強く香りを感じられるように、多めに入浴剤を入れようとしてしまうのです。

入浴剤はお湯に入れることで、湯気で香りの成分がよりしっかり鼻に届くので、匂いの良い入浴剤であれば、入れる量は少なくても大丈夫!

【タイプ別】おすすめ入浴剤